extraLux : Hanwha Techwin - Security Global Leader
低照度環境でも被写体を識別できるように高品質の映像を提供することは映像監視カメラの基本かつ必須要素であり、特にネットワークカメラでは伝送と録画容量の効率化のため、映像中のノイズ軽減はとても重要な技術です。光量が足りない低照度環境では、ノイズの電圧が同じでも映像信号の電圧が減少するためノイズの影響がより大きくなります。このようなノイズは映像の画質を損なうだけでなく、映像圧縮の効率を落とし伝送容量や保存効率を阻害する要因になります。
ハンファテックウィン独自の低照度映像処理技術であるSSNR(スマート・スーパー・ノイズ・リダクション)を用いると低照度環境下においてもノイズを効果的に減らし、対象物の残像を最小化することで鮮明なカラー映像を提供することができます。これにより映像データのサイズも大幅に縮小し、効率的な保存及びネットワーク伝送ができます。

低照度環境下における高品質映像のための3つのコア技術

1, 光の損失を最小化し、センサーにより多くの光を伝達できるレンズ
独自の光学設計技術を蓄積してきたハンファテックウィンは、超低照度カメラに適合する世界最高レベルのF0.94レンズを設計する力を持っています。
Nighttime Color Image Comparison between Previous Model (top/ 1/2.8” 2M, F1.4) and Wisenet X extraLUX Series XNO-6085R (bottom/ 1/1.9” 2M, F 0.94)
2, 少ない光量にも反応する高感度センサー
Hanwha Techwin’s extraLUX Series, a family of Wisenet X Series, is featured with 1/1.9″ sensor that has outstanding sensitivity and Signal to Noise Ratio (SNR) to provide excellent performance for low light environments.
Nighttime Color Image Comparison between Previous Model (left) and Wisenet X Series (right)
3, レベルの高い映像処理技術
ハンファテックウィンは、蓄積された技術とノウハウをベースに優れた性能の低照度ノイズ軽減技術と超低照度環境での明るさ、色再現性及び鮮明度を維持する画質補正技術を保有しており、この技術をSSNR(スマート・スーパー・ノイズ・リダクション)と総称しています。ハンファテックウィンのSSNRは、進歩した時空間(3次元l)のノイズ軽減技術で映像監視カメラに最適化した技術です。
Noise Reduction Application – Before (top) / After (bottom)