Wisenet AI : Hanwha Techwin - Security Global Leader
産業の全分野でAI技術が幅広く適用されることによって、映像セキュリティ分野でもAIを活用したセキュリティソリューションが本格的に活用されつつあります。
特にカメラ自体でインテリジェントにデータをフィルタリングして処理するエッジ(Edge) AI技術が有効化され、セキュリティソリューションは「end-to-end AI、 AI統合セキュリティソリューション」の形で進んでいくことが見込まれます。これまではセキュリティカメラがすべての映像をサーバーに伝送し膨大な量のデータをサーバーで分析する必要がありまし たが、エッジAIベースのカメラはカメラ側で映像データを分析し、分析済みのメタデータがサーバーに伝送されます。これでネットワーク及び保存容量の使用負荷による非効率さと費用的な負担を減ら すことはもちろん、サーバーからデータ分析に必要なリソース及び分析時間を短縮する効果も、もたらします。 このような効率性を考慮し、ハンファテックウィンがエッジAI技術を適用したAIカメラと共にAI NVR、VMSまでのAI統合セキュリティソリューションを紹介します。

AIアルゴリズムベースのオブジェクト検知の精度増加、運用効率上昇

現在、都市監視のためにセキュリティカメラが各所に設置され、管理者は膨大な量の情報をモニタリングする必要があります。既存のモーション(動き)ベースのオブジェクト知機能は木、 影などの動きによって頻繁な誤発報を起こすので、すべてのイベントをリアルタイムでモニタリングすることは難しく、これによって本当に重要なイベントにリアルタイムで対応できませんでした。 ハンファテックウィンのWisenet PシリーズAIラインナップはAIアルゴリズムを活用して人、車両などのオブジェクトベースに効率的な運用ができ、管理者の作業効率も向上させます。
プロパティ値(属性)ベースの対象物分類
AIアルゴリズムをベースとしたWisenet PシリーズAIラインナップは人、顔、車両、ナンバープレートに対してリアルタイムで当該オブジェクトを検知し、 各オブジェクトに対するプロパティ値(属性)を素早く正確に識別します。例えば、カメラが人を検知すると、その人が着ている服のトップ/ボトムの色、 眼鏡着用及びカバン所持有無に対する属性メタデータを作成します。
Occupancy Monitoring Application
屋内の適正人数管理アプリケーションはWisenet Pシリーズ4K AIカメラと連携して屋内入退人数をリアルタイムで把握し、自動ドア、 モニターなどのデバイスに接続し入退人数を効果的に制限することができます。
Face Mask Detection
AIアルゴリズムによるオブジェクトの属性識別/分類で、人物のマスク着用有無を正確に確認し、スピーカー及びその他のアラームデバイスに連携し、マスク非着用アラームを発報できます。
ソーシャルディスタンス検知
Wisenet PシリーズのAIカメラは、エッジベースのAI映像分析で、パブリックスペース維持のモニタリングをお手伝いします。 カメラは距離違反(事前に設定された距離制限)を検知し、連結されたレコーダーにアラームイベントを発生させます。

BestShots for minimizing storage and bandwidth requirements

Wisenet PシリーズAIカメラは、各オブジェクトの最適静止画像を最大4K画質でキャプチャーするベストショット機能に対応しています。 ベストショットは正確な分析及び事件・事故の証拠画像データとして活用できます。例えば全体映像表示は2MPに設定し、ストレージ及び帯域幅を節約し、 ベストショットは4K高解像度に設定し証拠画像は高画質で入手するといった効率的な運用が可能です。

一般カメラでもAI検索ができる

Wisenet PシリーズのAI NVRはAIカメラがなくても、AI検索が可能になります。 一般カメラで撮った映像からも、人・車・顔などの物体を認識して検索する事ができます。 AI NVRのAI検索機能は、最大32chまでのAI検索に対応します。(64ch 製品基準)

** 互換される一般カメラは、Wisenet P・Xシリーズです。.

Wisenet SSM, the best partner for AI smart search

Wisenet PシリーズAIカメラの検索機能を最も効果的に使用するために、ハンファテックウィンのWisenet SSM使用をお勧めします。 カメラがリアルタイムで対象物を検知・分類してWisenet SSMに伝送すると、ユーザーは属性を選択し必要な情報を検索するだけではなく、人の性別と年齢、車両情報を分析できます。