메뉴 건너뛰기

본문으로 바로가기 주메뉴로 바로가기

    30年間蓄積した光学設計及び映像処理技術のノウハウを保有

    当社は、30年間蓄積した光学及び映像処理技術をベースに、ビデオ監視業界をリードする製品を発売しています。 製品の画質及び監視範囲の重要性拡大に伴い、独自の技術を活用して優れた技術を開発しています。特に、どのような監視環境でも鮮明な映像を提供できる世界最高の光学技術を開発して製品に搭載し、環境に合わせた多様なラインナップを迅速に発売しています。

    夜間でも鮮明な映像を提供できるIR Corrected Lens

    光は連続的な波長のスペクトラムからなり、可視光線は450~700nm、赤外線(IR)は850nm領域、一般レンズは可視光線領域での色収差のみ補正します。 一般的なレンズ適用時、赤外線(IR)と可視光が同時に存在する環境では、画像が一部つぶれる現象が現れますが、当社は IRと可視光の焦点を一致させて二重像を除去し、夜間でも鮮明な映像が得られる技術を保有しています。 特に、高配率ズームレンズにもこの技術を適用し、世界初のIR Corrected IR PTZを発売しました。

    照光面積と輝度変更を最適化する Zoom IR illuminator

    PTZに IR照明を適用し、夜間でも近距離~遠距離の事物を明るく見られるIR PTZ 製品の需要が増えています。 ハンファテックウィンは、カメラの Zoom倍率変化に応じて、 IR 照明の照光面積を変動させるIR illuminatorを開発し、ワイドからテレまで事物をすべて明るく見られる技術を保有しています。 さらに、High Power LEDを利用して高効率照明システムも実現しています。 (IR 照明可視距離約150mまで実現、SNP-6320RH モデル)

    監視精度向上のための高倍率/高画素レンズ設計技術

    高配率/高画素のズーム・レンズを実現するためには、多数のレンズと多数の駆動部で構成された光学システムが必要になります。 一般的な光学システムは、2つの駆動部で構成されていますが、高倍率高画素のニーズが増加しており、これを実現するためには一般的な光学システムでは限界があります。 当社は 3つ以上の駆動部で構成されたレンズを自社で開発して高倍率/高画素のニーズに対応し、競合他社に比べて優れた製品を発売しています。

    映像技術の核心、Wisenet DSPチップセットの設計技術

    当社はアナログカメラから累積してきた映像処理のノウハウにより、優れた性能の Wisenet ネットワーク DSPチップセットを設計する能力を保有しています。 自社で開発して発売している Wisenet DSP チップセットは、高画素画像をサポートし、競合他社とは差別化されたISP性能を有しています。また、Wisenet DSPは、最近のビデオ監視市場で話題になっている主要なVideo Analytic技術(Face/Motion Detection など)を搭載しています。

    高効率データ伝送容量低減技術 WiseStream

    ますます高まる画質の製品(4K UHD 以上) 発売開始に対応して、当社はデータ伝送を最適化する Wisestream技術を保有しています。 フレームレートを調整するVariable GOV 技術と関心/非関心領域の画質を差別化するROI 技術を活用し、もとの映像に比べてBandwidthを最大50% 以上低減することができます。 また、ノイズ低減、QP制御などの技術を適用して、競合他社に比べて低いデータ容量でも優れた品質の映像を得ることができます。

    世界最高水準の広域逆光補正(WDR) 技術

    当社は、どのような監視環境でも完璧な映像を提供する世界最高水準の広域逆光補正技術を保有しています。 逆光環境で写真の露出速度を変化させてイメージを獲得して明るい部分と暗い部分の輝度を最適化し、これを合成して可視性の高い画像をユーザーに提供します。 環境に応じて最大4枚の画像を合成し、競合他社に比べて鮮明で自然なイメージを提供しています。

    大きな揺れに強い映像安定化技術 (DIS + Gyro)

    当社製品は、映像監視中の風、衝撃など環境の影響に対する揺れ補正及びRolling Shutterを補正できる独自のイメージ安定化技術 (DIS + Gyro) をサポートしています。 一般的に映像監視装置は、ほとんど DIS 技術のみを活用して搖れを補正して画面を安定化させます。 当社の装置は、DIS 技術をGyroセンサーと融合させ、さらに大きな動きや繰り返しパターンに対応して安定した画面を提供します。

    最新トレンドをベースとしたインテリジェントビデオ/音声分析技術

    インテリジェントビデオ解析技術は、セキュリティ知能化の核心要素技術です。 当社は最新技術トレンドを先取りし、独自の固有技術を製品化して拡大展開させて、グローバル市場での核心競争力を確保しています。

    様々な画像解析:いたずら警告、仮想線の出入り検出、発生/消滅、顔/オーディオ認識

    1) 自動追尾機能(Auto Tracking)

    単一の移動物体の動きを追跡撮影するために、移動体を認知してPTZ カメラを自動制御する技術で、競合他社に比べて優れた持続追跡率を提供しています。 当社製品によって、顔検出機能、光学 Zoomを利用した高解像度の映像を獲得することができ、追跡の間の軌跡情報を収集し、被写体移動に対する時-空間的情報を構成します。

    2) Object Counting

    撮影領域内の仮想の線を通過する物体をカウントする技術で、複雑な設定なしで優れた精度を保有しています。 建物の出入り人数統計、特定地域の出入り監視、店舗顧客選好度統計、人の密集度計算など、多様な用途で活用することができます。

    3) Object Detection and Classification

    Deep learningベースの物体検出/分類技術で、従来の技術に比べて多様なポーズと部分的遮蔽にも対応します。 (人、瓶、椅子、食卓、植木鉢、ソファ、テレビ/モニタなどの分類が可能)カスタムオブジェクト認識技術を活用し、これを交通統制システムに応用することができます。 (車分類 : ナンバープレート検出、人分類 : 顔検出可能 / 高速道路人出現、歩道車両通行など)

    4) 異常音源認識

    マイクからの音響エネルギー情報を利用し、 音区間を検出して音響特徴を抽出した後、 ソーターで異常イベントを認知し、アラームでユーザーに通知します。 (車両情報、悲鳴、泣き声、窓ガラス破損、衝突、爆発、タイヤ摩擦音、スプレー落書きなどの分類が可能)

    ユーザー情報及びシステム保護のための最新ネットワークセキュリティ技術

    最近、顧客の施設保護及び犯罪予防を担うセキュリティ製品から顧客情報が流出し、犯罪に悪用される事例が発生しています。 当社の製品は以下のような最新のセキュリティ技術を適用して、ユーザー情報及びシステムを保護しています。 ユーザーの認証情報 (ユーザーID/パスワード) 保護のためのHTTPSプロトコル及びプライベート証明書機能 ユーザーの映像情報保護のためのRTSP over HTTPS、SRTP映像暗号化プロトコルを利用した映像伝送機能 不正者の機器アクセスをブロックするために、ファイアウォール機能(IP フィルタリング)と管理者権限迂回の脆弱性及びバックドアを取り除き、新しいセキュリティの脆弱性が発生しないようにモニタリング 製品要素ごとに許可されていないユーザーからの権限迂回、ユーザー認証/映像情報取得防止のための最新セキュリティ技術をクライアントからウェプサーバー、アプリケーション、データベースに至るまで、多重の安全装置を適用して搭載、外部攻撃からユーザーシステムまで保護できるように設計

    • ユーザー認証情報保護

    • ユーザー映像情報保護

    • ユーザー認証情報保護

    当社のネットワークセキュリティ製品群に適用されているパスワードポリシーは、多くの場所で安全なパスワードシステムとして認められ、ユーザーの無関心や不注意で発生する可能性のある認証情報と映像情報の流出を未然に防ぐことができる最低限の安全装置になるものです。

    品質 Vision: “お客様によりご満足いただけるよう完璧な品質を追求”

    Our Quality Goal is to exceed your Expectations



    お客様にとっての価値を最優先し、品質重視の基、お客様に信頼と最高の製品とサービスをご提供します。

    信頼に基づく完全な品質保証



    ビデオ監視製品の故障は、重要な情報や致命的な証拠の紛失につながる可能性があるため、製品の 「品質」と 「信頼性」は消費者がビデオ監視製品を選択する際に最も重点を置いている部分です。 品質保証期限がいつまでか、製品の修理にいくら追加費用がかかるのかという問題ではなく 、「最も重要な瞬間」を見逃す可能性があるという問題が発生するからです。 ハンファテックウィンでは、このようなリスクを最低限に抑えるために、様々な最先端のテスト機器を活用し、製品の信頼性確保に努めています。 ハンファテックウィンでは、製品の開発段階から販売まで、製品の信頼性確保のための様々な検証を行います。 品質保証チームは、これらの製品の性能検証を専門的に行い、MTBF (Mean Time Between Failures、平均故障時間) レポートなど製品寿命を予測できるガイドを提供しています。

    • 画質テスト

      様々な環境におけるビデオ監視製品の画質評価のための別途の実験室を備え、実験を行っています。 様々なターゲットを多様な照度環境で撮影して画質と色再現性を確保しています。

    • デモ撮影テスト

      品質保証チームでは、昼夜を問わず現場フィールドテストを行い、製品の性能を実現して正常に動作するかを確認します。

    • 寿命試験(ALT、Accelerated Life Test)

      温度、振動、電流などの多様な環境を製品の実際の使用条件より苛酷な条件(加速条件)に調節し、試験、故障を促進させて、発生する可能性のある製品の欠陥を事前に排除するようにしています。

    • 作動温度/湿度試験 (高温/低温/多湿環境試験 )

      様々な温度と湿度で製品を動作させる実験を経ているため、実際にどんな環境でも製品の欠陥が起こらないように予防することができます。

    • 電源(Power) テスト

      電気信頼性確保のために電気抵抗が確認できる静電気テストを実施し、静電気発生後に製品のパーツが正常に動作しているかを確認します。

    • 振動/落下テスト

      製品の輸送過程で発生する可能性のある製品損傷を防ぐため、流通過程で発生し得る環境をシミュレートし、国際基準に合った振動、落下実験を行っています。