IPカメラの画面を見る場合、画面の一部が紫色に表示されます : Hanwha Techwin - Security Global Leader

Q. IPカメラの画面を見る場合、画面の一部が紫色に表示されます

画面で画像の一部が紫色に見える現象は、色収差(Chromatic aberration)現象によるものである可能性が高いです。
下記写真が、色収差現象発生の例です。

external_image

レンズが含まれているカメラのモデルで発生することがあり、症状としては画像の一部が紫色に見えます。
原因は、レンズガラスの屈折率が光の波長、物体の光によって像の位置や配列に差が生じる
収差(aberration)が発生するためです。
レンズを構成する光学材料の屈折率は、光の波長によって異なります。
このため、像点の位置が波長によってずれて色がにじんだり、曇った像が形成されます。
この現象を軽減するために無理に彩度を調整すると、除去効果が少なく、色の再現性にも問題が生じる場合があります。
絞りを一部閉じて光量を下げると、一部が改善される可能性がありますが、この場合は夜に暗くなる
副作用の可能性があるため、絞り値を調整しながら、色収差を確認してください。