메뉴 건너뛰기

본문으로 바로가기 주메뉴로 바로가기

    The glossary explains technical terminologies in an easy-to-understand format.

    Glossary
    Term Description
    ウェブビューアー(web viewer) 別途にプログラムをインストールしなくても、IEを通してDVRの映像を見ることができるビューアー。
    ウォッチドッグ(watch dog) DVR上でシステムが不安定な時(システムがダウンしたり、Windows上のエラー発生によりプログラムエラーが発生した場合)、DVRシステム上で自らバグを検知し対処する機能で、一種の自己診断機能である。
    ウォールマウント(wall mount) 装備を壁面に付着させるため、先に壁に付着させる台である。
    ウェブビデオサーバー(web video server) アナログ映像を受けてネットワークデータに変換し伝送する機器
    映像損失(video loss) 映像損失。DVRのカメラ映像の入力が切れることを意味する。
    認識距離 出入口に設置された保安カードリーダー機で保安カードを認証できる距離の範囲を意味する。
    上書き保存(overwrite) 録画が進められてHDDがいっぱいになった時、最も古いデータを消して上書きする。
    アイリス(iris) カメラに入力される照度の変化に合わせてレンズに送る光の量を調節する絞りという機構装置で、明るさが一定である場合には『手動絞り(MUNUAL IRIS)レンズ』を使用し、明るさが変化する場合には『自動絞り(AUTO IRIS)レンズ』を使用する。
    インスタントビューアー(instant viewer) 独立ウインドウで簡単に1chライブモニタリングできるビューアーである。
    インスタントリプレイ時間(instant replay time) NET-I viewer MAP Viewerで登録された製品の保存映像を見る場合、スタート時点が現在の時間よりどれだけ前から再生されるのかを決める時間値を表す言葉である。例えば、設定されたインスタントリプレイ時間が3分で、現在の時間が10時30分であれば、保存映像の再生は10時27分の映像からスタートする。
    インスタントレコーディング(instant recording) メインプログラムでライブモニタリング監視中のチャンネルを設定された時間(最大10分)手動で録画できる機能である。
    インスタントプレーヤー(instant player) 独立したウインドウで簡単に1ch Playbackができるプレーヤーである。
    イメージ圧縮 イメージ圧縮はイメージデータを効果的に保存したり伝送するために使用される、データを減らす方法をいう。最も普遍的に使用されるイメージ/ビデオ圧縮方法はJPEG、MPEG、H.264などがある。
    認証モード ユーザーのIDではなく指紋などの生体情報のみの入力を受け、登録されたユーザーなのかを判断するモードで、使用者IDをもって判断するベリフィケーションモード(Verification mode)と比べ判断時間が長い。
    映像反転 画面に出力される映像を上下/左右に反転させる効果を意味する。
    1秒あたりのフレーム数 ディスプレイ装置が1画面のデータを表示する速度をいい、フレーム速度またはフレーム率という。類似した概念にはFPSがある。
    イベント(event) ある動作が発生する状態。(ex. アラームセンサー入力、モーション検出、映像損失など)
    イベント録画 イベント(アラームセンサー入力、モーション検出、映像損失など)の発生により始まる録画で、CCTVで多く活用される。
    イベントモニタリング(event monitoring) イベント発生時に、イベントが発生したチャンネルの画面を出力画面に大きく表示する機能。複数のイベントが同時に発生する場合は該当するチャンネルの映像を組み合わせる
    イーサネット(ethernet)、ハードウエアプロトコル コンピュータのネットワーキング装置のためのハードウエア通信規約。イーサネットのネットワーク上のすべての装置は、イーサネット通信規約に一致しなければならない。
    1 2 3  
    1 2 3  
    Contact Sales 상단으로 이동